探偵に調査依頼をする場合、びっくり

浮気の事実を調べる為に調査依頼をする場合、びっくりするするほどに低料金だったり、または高過ぎる料金であったりする業者ではなく、料金設定が細分化されていて、後で追加料金を請求してこないような探偵事務所が良いかと考えます。そして、探偵社として必要な許可を取得しているのか確認が必要です。
法に反して調査を実施している業者には依頼しない方が得策です。浮気調査を実行する前に確認せねばならない事があります。
それは、本当に浮気しているのか? という疑問を確信に変えることです。
浮気の痕跡が確かでない場合は改めて、調査を続行するか否か決めなければなりません。
もしも浮気が確かなこととなれば、ここで浮気相手が誰かを探ることとなります。主にパートナーの尾行を中心として、些細な痕跡も見逃さぬよう様々な方法で、不倫相手の正体を確認するのです。探偵による調査は高額ですから、単純に、「じゃあ自分で尾行しよう」とする人がいるでしょう。
テレビでは尾行に失敗しているのを見ていないために誰でもできると思ってしまいがちですが、現実とフィクションは違うもので、失敗してしまえば尾行は完遂できなくなるので簡単じゃありません。
変に思われてしまえば警戒されるので、怪しい行動は控え、浮気していてもしばらくしないかもしれないのです。
相手の行動を見逃さないためには、その道の専門家にちゃんとお願いして、しっかり浮気を調べたほうがいいと思います。興信所と探偵事務所の違いとしては、格別違うところが無いと言ってもよろしいでしょう。
双方とも、浮気調査、身辺調査、ストーカー対策とか行方不明者の捜索と言うような同じような仕事内容です。
ただし、あえて言うと、企業や団体は興信所に、個人からの依頼の多くは探偵事務所に行っています。GPSが繋がるものを使って、良く行く場所を調べて、その近所をウロウロしていれば、いつかは来るはずですから、不埒な行為を押さえることができるでしょう。費用のご準備が十分ではないときには、地図情報システムで調査するのも、方法の一つです。GPS装置がつけられていることが知られてしまう事があります。
慣れないことを自分でやるよりは、浮気調査は探偵に頼むという選択がベストです。
専門家である探偵にお願いすると、浮気の証拠をちゃんとつかめます。自ら浮気調査をしてみても、浮気している事実くらいならすぐにわかります。しかし、相手に問い詰めても頑として浮気してない、と言い張ったら、離婚するに際して有利な条件を引き出せません。
有利に離婚するためにも、確かな証拠が必要です。離婚ということになってもかまわない、もらえる慰謝料が多い方が良いと考えるなら、浮気現場に乗り込んじゃってもかまいません。そうは言っても、単独で乗り込んでしまうと、さらに揉める可能性が高いので、できるだけ避けましょう。あなたが信じて頼れる人と行けば、事件を起こすほど感情的になる可能性もありません。
信じて頼れるような人がいないなら、思い切って探偵などに頼んでしまいましょう。
問題なく探偵が調査をしていても、依頼者側に落ち度があって、パートナーに気づかれてしまって、浮気調査が困難になり、失敗という結果に終わることもあるでしょう。いくら探偵の浮気調査でも、確実に証拠が手に入るわけではないのです。成功しなかったときの調査にかかった費用についても、調査を始める前に探偵と依頼者で決めておくことがポイントです。探偵の場合には、誰かに不審に思われないよう慎重に慎重を重ねて目立たないように調査を進めるのに対して、身辺調査・企業調査などを多く依頼される興信所の方は、自分の目的を話してオープンなやり方で情報を集めるようです。
すなわち探偵は目的とする個人の動きを掴むことが上手で、一方、興信所は情報を集めることが上手だと考えることができます。
妻又は夫が浮気していることが明らかになっても離婚を避けたいのなら浮気している現場に直接行くことはしないほうがいいでしょう。浮気の事実を突き止められると配偶者が浮気を正当化したり、逆上してしまい、かえって、離婚という結果を招いてしまう可能性を否定できません。それだけでなく、あなたのパートナーと通じていた相手と言葉を交わしてしまうと精神的に、耐え難い苦痛を味わうこともあります。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ